初詣合格祈願SQL講座

SQL講座 SELECT4

目指せ!SQL

初詣合格祈願SQL講座 SELECT4

複合条件を指定して抽出(AND,OR,NOT)

いろいろな条件を組み合わせて抽出をおこなう場合は、論理演算子を使用してWHERE句を記述します。SQLで使用できる論理演算子は次のとおりです。

論理演算子
論理演算子論理演算意味
AND論理積条件1と条件2の両方の条件を満足している(かつ)
OR論理和条件1と条件2いずれかの条件を満足している(または)
NOT否定条件の否定(〜でない)

<例題>
学籍表から、性別が「男」でかつ学科が「情報」の氏名、学科、年齢と性別を表示する

学籍表(主キー:学籍番号)
学籍番号氏名性別年齢本籍学科
94001浅田 一郎21兵庫県情報
94003石田 美穂22大阪府公務員
94012上原 二郎19福岡県情報
94015江崎 優香20福岡県情報
94021大和 三郎21山口県公務員

SELECT 氏名,学科,年齢,性別 ← 表示させる列名を指定する
FROM 学籍表
WHERE 性別='男' AND 学科='情報' ← 性別が'男'でかつ学科が'情報'

実行結果
氏名学科年齢性別
浅田 一郎情報21
上原 二郎情報19

性別が「男」でかつ学科が「情報」の氏名、学科、年齢と性別が表示されている

<例題>
学籍表から、性別が「女」または学科が「公務員」の氏名、学科、年齢と性別を表示する

SELECT 氏名,学科,年齢,性別 ← 表示させる列名を指定する
FROM 学籍表
WHERE 性別='女' OR 学科='公務員' ← 性別が'女'または学科が'公務員'

実行結果
氏名学科年齢性別
石田 美穂公務員22
江崎 優香情報20
大和 三郎公務員21

性別が「女」または学科が「公務員」の氏名、学科、年齢と性別が表示されている

それぞれの論理演算子を組み合わせて使用することも可能です。論理演算子を組み合わせて使用する場合は、演算の優先順位を考慮しなくてはいけません。

論理演算子

以上の順番で優先順位は低くなります。もし、優先順位を変更したい場合は( )を使って優先順位を変えます。



初詣合格祈願SQL講座ページTOPに戻る