初詣合格祈願SQL講座

初詣合格祈願SQL講座 Access

目指せ!SQL

初詣合格祈願SQL講座 Access

Accessで試してみよう

プログラム言語やSQLを勉強するうえで大切なことは、実際に動かして確認することです。そうすることで理解が深まりSQLを確実にマスターすることができます。Accessを使ってSQLを実行する方法を掲載しました。 SQLを勉強していると、自分が書いたSQLが正しいかどうか分からないのでちゃんと理解できているか不安で自信が持てないという声を聞きます。SQLだけではなくCなどのプログラム言語の習得にも言えることですが、机上だけの勉強では難しいものです。

自分でSQLを書いてみる → 実際に動かして確認する

という作業が必要です。そこで、Microsoft Access(以下、Access)を使って実際にSQLを書いて動かせるようにしましょう。

  1. Accessを起動し任意のMDBファイルを作成する。空のデータベースにチェックを入れて [OK] をクリックします。

    Access

  2. ファイルの保存場所を確認し、ファイル名を入力します。ここでは、保存先をデスクトップに、データベース名を「study.mdb」にしています。データベースの作成先やファイル名は任意でかまいません。[作成(C)]をクリックします。

    Access

  3. テーブル(表)を定義する
    SQLを実行するためには元になるテーブル(表)が必要です。はじめにテーブルの定義をおこないます。[オブジェクト] の [テーブル] を選択します。つぎに [デザインビューでテーブルを作成する] をダブルクリックします。

    Access

  4. フィールド(列)を定義する
    フィールドを定義します。フィールドとは列のことです。入力するのはフィールド名(列名)とデータ型です。ここでは、初詣合格祈願SQL講座で使用している学籍表の列を定義しています。学籍表のフィールド名とデータ型は次のとおりです。なおフィールド名の左に●が付いているフィールドが主キーです。

    Access

  5. 主キーを設定する
    フィールドの定義ができたので、主キーを設定します。SQLを実行するだけなら主キーを設定しなくてもよいのですが、主キーの概念を持つことも大切なことなので主キーを設定することを覚えてください。
    主キーとはその値によって行(レコード)が一意に決まる列に設定します。
    学籍番号の左横をクリックして選択します。その後、 をクリックします。学籍番号の左に が付き、主キーが設定されたことが示されます。

    Access
    Access

  6. テーブルを保存する
    [ファイル(F)] を選択し、[名前を付けて保存(A)] をクリックします。

    Access

    保存するテーブル(表)名を入力します。ここでは「学籍表」とします。[OK] をクリックします。

    Access

    以上でテーブル(表)の定義(作成)ができました。次はデータを入力します。

  7. データを入力する ツールバーのAccessをクリックします。

    Access

    Access

    入力が終ればウインドウを閉じます。

  8. SQLを入力する オブジェクトのクエリを選択し、[デザインビューでクエリを作成する] をダブルクリックします。

    Access

    テーブルの表示では、なにもせずに [閉じる(C)] をクリックしてください。

    Access

    ツールバーのAccessをクリックします。

    Access

    SQLの入力をおこないます。全角と半角に注意してください。列名、表名や抽出条件以外はすべて半角文字で入力します。

    Access

    SQLの入力が終りましたら、Accessをクリックします。

    Access

    実行結果が表示されます。

    Access



初詣合格祈願SQL講座ページTOPに戻る